コンドロイチン・グルコサミンが仙腸関節の関節軟骨を修復するという根拠

■報告者 橋本三四郎・米スクリプス研究所主任研究員 /  ★聞き手 中村洋・日本医科大講師
中村
変形性関節症について分かりやすく説明して下さい。
橋本
六十歳を過ぎるとかなり多くなり、特に女性で多くなる病気です。 正常な関節は骨と骨の間にすき間があり、そこに軟骨があるのですが、変形性膝関節症では軟骨がすり減ってしまい、炎症を起こして痛みがでます。
中村
軟骨がすり減る原因として、軟骨細胞の「生き」がわるくなって死んでしまうから、ということを研究されてますね。
橋本
軟骨は特別な組織で、神経も血管もなく、軟骨細胞の入れ替わりも非常に少ない。
70%が水で、その間に軟骨細胞があります。これが軟骨の強度を守るコラーゲンなどを作っているのです。細胞の生きが悪くなってコラーゲンなどを作る能力がなくなり、最終的に死んでしまえば、軟骨を修復するもとがなくなります。変形性関節症ではこの点が問題になると考えています。
中村
軟骨細胞にグルコサミン,コンドロイチンといった物質を作る能力がなくなるのが変形性膝関節症の原因のようですが、臨床研究の結果はどうですか。
橋本
今年二月に開かれた全米整形外科学会で栄養補助剤のグルコサミン、コンドロイチンの効果について話し合われ、その有用性が発表されました。また、そのほかの国々の研究でも、関節症の痛みの改善などに効果があったと報告されています。
中村
グルコサミンやコンドロイチンは軟骨細胞を元気づけ、死にかけた軟骨細胞を復活させると考えていいのですか。
橋本
そうです。
中村
しかし、これだけ飲んでいれば変形性関節症が治るとは思えません。セオドサキスさんは補助剤の利用も含めて九つのステップを提案されていますが、ほかのステップを説明してもらえますか。
橋本
つは適度の運動が非常に有効です(当院院長いわく:動かなくたった椎体部を治療して可動性をつけた上で、毎日30分程度のウォーキングをすることにより椎間板軟骨も復活し、修復されていくと考えられる)。
食事でも、炎症の原因になる活性酸素をブロックする抗酸化物質、ビタミンAなどを摂ることが大事です。


※1999年4月11日読売新聞関節症シンポ抜粋

最新医学情報

-----椎間板ヘルニアは遺伝だった?富山医科薬科大川口助手らの研究から-----

国内に100万人の患者がいるとされる椎間板ヘルニアの原因遺伝子の一つを理化学研究所遺伝子多型研究センターと富山医科薬科大の川口善治助手らのグループが突き止めました。
この遺伝子の変異が軟骨細胞の再生を過剰に抑制し、発症につながると考えられています。
この発見により、治療研究の大幅な進歩が期待されています。(2007/06)
上記の研究結果から判断して考えてみると、たとえ、椎間板ヘルニアの発症に遺伝が関係していても、軟骨細胞の再生を活発にする良質なグルコサミンやコンドロイチンを必要量摂取すれば、椎間板ヘルニアの発症の予防にもなるし、治療にもなるということが推測されます。

通院ガイド(初診時の準備/診療料金/交通案内)

診療の予約

当院は予約制をとっております。治療の予約はご都合に合わせて次の3つ予約が可能です。
★効果を早めに出すためには早期回復3日・6日コースをお勧めします。

インターネットで
予約
毎日24時間受付可能です。
こちらからどうぞ。
お電話での予約
048-263-7500
平日=午前9:00~13:00/
午後15:00~19:00
土曜=午前9:00~13:00/
午後15:00~18:00
木曜午後・日曜・祝日は
   お休みです。
窓口で予約
来院時に受付にて お申し出ください。

★初診時に準備するもの

  • ●レントゲン (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●MRI (お持ちであれば、参考に拝見しますので、お持ち下さい)
  • ●コルセット (現在お使いのものがあればお持ち下さい。)
  • ●保険証(レントゲン撮影の際、必要になります。

  ※正確な判断をするために初回日は出来るだけ薬や痛み止め等は、服用せずにご来院下さい。詳しくは電話で問い合わせ下さい。


診療料金

初めての患者さんへ

椎間板ヘルニア・逆流性食道炎・顎関節症・ぎっくり腰・慢性疾患・内科的疾患等の カイロプラクティックの施術は、全額自由診療(自費治療)となります。

  • 1つの疾患に対する『料金』は初回14,040円となります。
  • 2回目以降7,560円となります。
  • 2つの疾患を同時に施術する場合、別に1,080円の加算となります。

遠方の方へ

※当院の治療法は、高度な技術を必要とする独自の治療法です。まだ伝授者がいない為、他院を紹介する事が出来ません。恐れ入りますが遠方でも御来院下さい。遠方から来られる方には、手ごろな宿泊所をご紹介します。

交通案内・駐車場

住所:埼玉県川口市南前川2-11-17 電話:048-263-7500

※カーナビをご使用の際は住所でご指定ください。電話番号では間違える可能性があります。